相続専門ハブ空港コンサルタント

一覧を見る

    相続専門ハブ空港コンサルタントとは

    相続問題は、多岐に亘ります。

    税の事なら税理士、法律問題なら弁護士、収益物件ならデベロッパー、不動産の境界なら土地家屋調査士など、それらの問題を実務経験が豊富なプロの専門家にお繋ぎするワンストップサービスを提供します。

    例えばこんなことを解決します!

    • 相続の事を聞きたい! でも税理士さんや弁護士さんに相談するには敷居が高い

    • 銀行から相続対策で持ち株会社の設立を提案されている。 でも本当にそれで良いのか分からない判らない。

    • 住宅メーカーから相続税対策にアパートの建設を勧められている。 でもこれから人口が減るのに、ずーっと店子が埋まるか心配だ。

    • 相続を心配して顧問税理士に相談した。 でも何の返事も無い。

      相続対策にと保険屋さんから保険を勧められている。 でも本当にこれで対策になるか判らない。

    • 相続対策に生命保険が有効な訳を知りたい! でも保険を押し売りされるのは嫌だ。

     

    白田勉のブログ

    民法が40年ぶりに改正になり、自筆遺言の方式が緩和になります。

    カテゴリー: 白田勉のブログ

    今までの自筆遺言は、全文、日付、氏名を全て自署しなければならなかったので、 高齢者の方には負担が重く、かなりの労力を要する物でした。 しかも、加除訂正が厳格な為、簡便で無い制度で、 高齢化社会に合わせて、使いやすい制度に変更すべきと言われていました。   訂正後は、財産目録を添付する場合、その財産目録は自筆不要になり 財産目録は、ワープロ作成、第三者による代筆でも良い事になりました。 また、登記事項証明書、預貯金通帳や証書の写しを添付しても良くなりました。 全ての財産目録に、署名、押印が必要になります。(各ページごと) 但し 自書によらない財産目録の添付は、平成31年1月13日以降の…

    by 白田 勉witten 2018/11/26
     
    本当にお困りの方はご相談ください