相続専門ハブ空港コンサルタント

相続放棄

カテゴリー: 白田勉のブログ

 

相続財産より、負債の額が大きい時、相続放棄が出来ます。

つまり、財産も受け継がないが、借金も受け継がないという事です。

 

ただ手続きは、相続発生から3ヶ月以内に行わなければいけないので、
手続きは急ぎます。

しかも、奥さんとお子さんだけが相続放棄すると、借金は親、兄弟の順に回ります。
親兄弟まで全員合わせて相続放棄して、相続放棄は完了します。

 

然し,注意しなければいけない点があります。

亡くなったお父さん名義の預金で、葬儀費用を払ったりすると、
相続放棄は認められず、単純承認したと見做されます。
逆に、お父さんのツケを払ったりしても、同様に否認されます。

 

こんな時は、生命保険が有効です。

仮に、借金が3000万あり、預金が1000万ある方の場合
預金1000万を生命保険に代えておけば、相続放棄しても
生命保険の1000万は受け取れます。

生命保険は、みなし相続財産として、相続発生時に
受取人固有の権利と見做されるからです。

最近の画像つき記事

ライター紹介

白田 勉

相続の相談をしたいが、弁護士さんや税理士さんにすぐに行くには敷居が高い、または、税理士さんに相談しているが、なかなか話が進まない。そんな方のご相談を頂いて、専門家にお繋ぎする仕事をしています。相続税の申告は、税理士さんの専管業務ですが、年間の相続税の申告が約5万件。税理士さんの数が約7万4千人。年間100件以上手掛ける相続専門税理士もいれば、大半の税理士さんは記帳業務が主で、年間1件も相続の実務に携わっていません。ご相談内容に応じて、相続実務に長けた先生をご紹介致します。

お問い合わせ