相続専門ハブ空港コンサルタント

法定相続人は、相関図が基本です。

カテゴリー: 白田勉のブログ

先日の相続セミナーの後、参加者から質問が有りました。

70歳位の男性の方です。

「先生、姉の相続の事で質問があるんですが?」

はい!なんでしょう?

親は亡くなって、姉を含めて兄弟3人だけなんですが、

姉の法定相続人は、子供が居ないんで我々2人だけですよね。

他にご兄弟はいらっしゃらないんですか?

あと2人いましたが、もう亡くなっていますので関係ないでしょう。

その方達に、お子さんはいらっしゃいますか?

はい! 甥と姪が3人います。

そうすると、その方達も含めて法定相続人は5人ですね。

 

お客様のご相談内容は、思い込みが入ります。

私は、ご相談内容を聞きながら、相関図を書く事にしています。

先ず、法定相続人が誰かを見つける事が、相続鉄好きの最初です。

 

 

最近の画像つき記事

ライター紹介

白田 勉

相続の相談をしたいが、弁護士さんや税理士さんにすぐに行くには敷居が高い、または、税理士さんに相談しているが、なかなか話が進まない。そんな方のご相談を頂いて、専門家にお繋ぎする仕事をしています。相続税の申告は、税理士さんの専管業務ですが、年間の相続税の申告が約5万件。税理士さんの数が約7万4千人。年間100件以上手掛ける相続専門税理士もいれば、大半の税理士さんは記帳業務が主で、年間1件も相続の実務に携わっていません。ご相談内容に応じて、相続実務に長けた先生をご紹介致します。

お問い合わせ