相続専門ハブ空港コンサルタント

民法が40年ぶりに改正になり、自筆遺言の方式が緩和になります。

カテゴリー: 白田勉のブログ

今までの自筆遺言は、全文、日付、氏名を全て自署しなければならなかったので、 高齢者の方には負担が重く、かなりの労力を要する物でした。 しかも、加除訂正が厳格な為、簡便で無い制度で、 高齢化社会に合わせて、使いやすい制度に変更すべきと言われていました。   訂正後は、財産目録を添付する場合、その財産目録は自筆不要になり 財産目録は、ワープロ作成、第三者による代筆でも良い事になりました。 また、登記事項証明書、預貯金通帳や証書の写しを添付しても良くなりました。 全ての財産目録に、署名、押印が必要になります。(各ページごと) 但し 自書によらない財産目録の添付は、平成31年1月13日以降の…

相続税は、連帯債務

カテゴリー: 白田勉のブログ

恵子さんは、20年前に結婚しました。 ご主人はバツイチで、息子さんの親権は、元妻に譲りました。 昨年ご主人が、突然 心筋梗塞で亡くなってしまいました。 お葬式で初めて会った息子さんは、フリーターでした。   それから10か月、息子さんと分割協議を続けてきましたが、 どちらも意地になってまとまらず,相続税の納付期限を迎えました。 本来配偶者には、配偶者控除があり、相続財産の半分または、 1億6千万円まで相続税がかかりません。 でもそれは、相続開始から10か月以内に遺産分割協議書を, 税務署に提出することが条件です。   今回は、それが間に合わなかったので、一旦法定相続分に対す…