相続専門ハブ空港コンサルタント

奥様向けのセミナーに、男性が殺到して

カテゴリー: 白田勉のブログ

9月7日、「奥様が知らないと損をする相続セミナー」を開催しました。 白田新報でご案内しただけの、シークレットセミナーでしたが、10数人の方にご参加いただきました。 日時が合わず、ご参加いただけない方からもメッセージを頂きました。 ただ、奥様向けのセミナーだったにも関わらずご参加いただいたのは、保険会社の方が殆どでした。 ご感想も、大変勉強になりました。今後の営業活動に、大いに参考になりました。と書いてあり、敵に塩を送った感じです。(笑い) それでも、御参加頂いた奥様4人の内2人の方から個別相談の申し込みを頂きました。 自主開催セミナーは、初めてでしたが今後開催のヒントを頂きました。

白田新報54号ようやくアップしました。

カテゴリー: 白田勉のブログ白田新報

 

ご縁を頂いたあなたにクスッと笑いをお届けします。

こんにちは!

先日、夜トイレから出ると、「また電気消し忘れてる!」と嫁さんの声が飛びました。

「前にも言ったでしょ!」

「どうして毎回忘れるのよ?」しかし、この叱責の仕方は相手のやる気をそぐ最悪の怒り方だと、

人材教育のプロとして忠告すると、

「今更あなたを育ててどうするのよ!」と言われた白田勉です。

image-0001 (1)

image-0002 (1)image-0003 (1)image-0001image-0001

ヘソクリに相続税が・・・

カテゴリー: 白田勉のブログ

奥さんが、始末してコツコツ貯めたヘソクリに相続税が掛けられるケースが有ります。   相続税の税務調査が入ると、事前に家族全員の預金口座を調べられます。そこで、奥さん名義の預金が見つかると、、「コレはなんのお金ですか?」と質問されます。   そこで、コレは私のヘソクリですと正直に答えると、それはご主人の相続財産だと認定されます。   主人が、家計費を始末して貯めたヘソクリは好きにしていいと言っていたので、コレは主人からの贈与が成立していると裁判に訴えた方がいます。   でも判決は、専業主婦の貯めたヘソクリが、夫婦共有の財産と認定され稼いだご主人の相続財産と…

遺言が有れば・・・・・

カテゴリー: 白田勉のブログ

先日、嫁さんの伯父さんの遺産分割書類が嫁さんに送られてきました。 叔父さんは、お義父さんのお兄さんで、お子さんはいらっしゃいませんでした。 伯母さんとお義母さんの仲はもう一つで、お義母さんが生前伯母さんから「主人の遺産は当てにしないでね」と言われ「そんなもの当てにするか!」と怒っていたのを嫁さんは覚えています。 その伯父さんが亡くなって、義父も義母も亡くなっていた為、20年以上交信が無い姪の住所を探して司法書士事務所から手続き書類の案内が送られてきました。 遺産は、住んでいたマンションとわずかな預金で、相続税はかかりません。でも、全相続人の住所を探し出し、所有権移転などの手続きの為には、150…

遺言は経営者の義務

カテゴリー: 白田勉のブログ

経営者の方が遺言もせずに亡くなると、相続財産は、法定相続人に法定相続されます。   その際、気を付けなければいけないのが、自社株と不動産は、相続人全員の共有になる事です。   つまり、息子さん3人で90株の自社株を相続する際30株づつ分けるのではなく、1株1株が3人の共有になると言う事です。   3人の内、誰か1人でも反対をすれば、その90株全体の議決権は無くなります。その90株が、全発行株式の3分の2を超えていても同じです。   もしそうなれば、次の代表者の選任も、銀行の借り換えも出来なくなり記号活動は停止します。